マビノギデュエルのルール
ドローがない本格モバイルTCG

マビノギデュエルはカードドローがありません。
12枚のカードをハンドに持って様々な戦略を駆使してプレイします。

相手のヒーローのHPを0にしてデュエルに勝利しましょう。

資源

カードを使うためには資源が必要です。
資源はゴールド、マナ、光、闇、自然の5つとなっており、カードの特徴によって資源の種類と数が異なります。

最大3つの資源でデッキを組み立てられます。

資源を獲得する方法

ターンが開始するともらえる。
毎ターンに使用する資源を1つずつもらえます。先攻は資源0で、後攻は資源1からスタートします。
レベルアップするともらえる。
ターンの途中でレベルアップすると、資源がもらえます。
行動を使ってもらえる。
「資源入手」ボタンを押して使用する資源の中からランダムに資源1つをもらえます。また、ハンドにあるカードを墓場に廃棄すると、廃棄したカードが使用する資源を1つ得られます。

ターンとレベル

自軍側のターンは活性化された炎でわかります。炎1個で1の1つのアクションができます。
自軍側のターン時にカードを使用したり、資源を集めてください。この際にレベルアップゲージがたまったら、レベルアップもできます。

レベルアップすると、現在のHPよりHPが20%アップし、炎の数も増えます。

プレイヤーのレベルが上がると、ハンドにあるカードレベルもアップします。
カードレベルがアップすると、カードの能力が強くなる反面、必要な資源の数も増えるので、使うタイミングに気を付けましょう。

マビノギデュエルのカード

様々な能力のカードを組み合わせてデッキを組み立ててみてください。

クリーチャーカード

クリーチャーを召還する時に使うカードです。召還された次のターンから正面のクリーチャーもしくはヒーローを攻撃します。

クリーチャーカードはクリーチャーが倒れたら墓場に行きます。

呪文カード

呪文カードは魔法を発動させます。 魔法は即時効果を発揮します。

呪文カードは使ったらすぐに墓場に行きますので、HP、攻撃力、防御の表記がありません。

マビノギデュエル ルールブック

v1.0 2015年5月25日

1. 一般規則

  1. 二名のプレイヤーがデュエルする。
  2. 二人のプレイヤーは12枚以下のカードで構成されたデッキでデュエルを始める。
  3. ヒーローが死なない、ゲームに敗れないと言う指示文がなければヒーローのHPが0以下になると直ちにそのプレイヤーは敗れる。
  4. ゲームをあきらめればそのプレイヤーは敗れる。
  5. カードの指示文と規則がお互いに衝突した場合はカードの指示文に従う。
  6. カードを使うためには資源が必要である。資源はゴールド、マナ、光、闇、自然の5つがあり、カードを使う時指定された資源を消耗する。
  7. 資源を獲得する方法は次のようである。
    • 毎ターン開始に、使うすべての資源を一つずつ受ける。ただ先攻の最初のターンには与えられない。
    • レベルアップ時に、使う資源が3種類の場合はランダムで一属性の資源を2個/使う資源が2種類ならランダムの一属性の資源を2個、残り資源を1個/使う資源が1種類なら該当資源を3個受ける。
    • 資源獲得ボタンを押して使う資源の中からいずれかの資源を一つ受ける。
    • 手札に持っているカードを墓地に送ってそのカードが使う資源を得る。
    • カードの指示文によって獲得する。
  8. カードはクリーチャーカードと呪文カードの二つの種類がある。
  9. クリーチャーカードはクリーチャーを召喚するのに使うカードである。クリーチャーが死ねばクリーチャーカードが墓地に移動する。
  10. 呪文カードは魔法を発動するのに使うカードである。呪文カードを使えば指示文の内容が直ちに発動される。
  11. 複数枚のカードを組み合わせてデッキを作ることができる。最大12枚まで組み合わせることができ、最大三つの種類の資源を交ぜて構成することができる。

2. ゲームのフェーズ

  1. 自分のターンになれば次の順にターンを進行するようになる。ターンは次のフェーズを持っている。
    • 開始フェーズターンを始める。
    • 資源フェーズ資源をもらう。自分が使うすべての種類の資源を一つずつ受ける。デュエル開始後先攻の一番目ターンでは省略される。
    • 整理フェーズ麻痺、召喚後遺症を1除去する。2以上累積した場合1減少させる。
    • 開始効果フェーズ戦場の左側から順に、ターン開始時発動される指示文、あるいは毎ターン発動される指示文を持ったクリーチャーがあったら効果を発動する。(例**ターン開始時にHP1回復する、毎ターンHP1回復する)
    • アクションフェーズプレイヤーのレベルの分だけアクションカウンター(火の玉に描写される)が与えられる。プレイヤーはアクションカウンターを1使ってカードを使うか資源を獲得するなどのアクションができる。(詳しい内容は3. プレイヤーのアクション項目を参照)
    • 戦闘フェーズクリーチャーが戦場の左側から順に攻撃チケット(攻撃権)を受けてチケット(権利)を受けた順に攻撃する。(詳しい内容は5. 攻撃項目を参照)
    • 終了効果フェーズターンが終わる時発動される効果が適用される。(例**ターン終了時にHPを1減少)
    • 効果回収フェーズ一ターンだけ作動する、カードを元々の戦場へ返すなどの効果を終了する。もし空スロットがなければ次のターンにまた返すのを試みる。(例**一ターン間敵クリーチャー一つを味方にする。)
    • 終了フェーズ相手のターンで移る。

3. プレイヤーのアクション

  1. プレイヤーのターンでアクションフェーズになればレベルに応じたアクションカウンターが与えられる。(例**レベル2ならアクションカウンター2個支給)
  2. プレイヤーはアクションカウンターを一つ使って下の六種の中で一つのアクションができる。
    • プレイヤーの戦場にある空席を指定してクリーチャーを召喚することができる。クリーチャーの指示文の中で召喚される時発動される効果があったらこの時発動される。クリーチャーが召喚される時召喚後遺症が1与えられる。
    • 呪文カードを使うことができる。呪文カードの魔法によって戦闘を起こすことができる。
    • 自分が使う資源の中で一つをランダムに得ることができる。
    • 手札のカード一枚を墓地に捨てて、捨てるカードの資源を一つ獲得する。
    • 墓地にあるすべてのカードを手札へ持って来る。(詳しい内容は8. 墓地項目を参照)
    • ヒーローをレベルアップする。

4. ヒーローのレベル

  1. プレイヤーが自分のターンにアクションをするとか、攻撃をする時、自分のクリーチャーが死ぬ時一定の経験値を得る。
  2. 経験値を貯めて一定数値に到達すればレベルアップができるようになる。
  3. ヒーローのレベルは1で始めて最大3まであげることができる。
  4. レベルが上がればヒーローは現在HPの約25%の最大HPが増加して、カードの召喚/使用資源量が変化して、カードのHP及び攻撃力、指示文の数値などが変化する。

5. 攻撃

  1. 次の三種類の場合に攻撃が行われる。
    • 戦闘フェーズでクリーチャーが相手を攻撃
    • 呪文カードを使って相手を攻撃
    • クリーチャーの能力が発動されて攻撃
  2. 戦闘フェーズになれば戦場の左側から順に攻撃チケット(攻撃権)を受けてチケット(権利)を受けた順に攻撃する。
  3. 召喚後遺症がある場合や、麻痺したクリーチャーは攻撃チケットを受けない。
  4. 攻撃チケットを受けても攻撃力が0なら攻撃しない。
  5. 攻撃チケットを受けたクリーチャーは指示文で攻撃対象を変更した場合を除いて、正面にいるクリーチャーを攻撃し、正面にクリーチャーがなければヒーローを攻撃する。これを近接攻撃と言う。
  6. 近接攻撃以外のすべての攻撃は遠距離攻撃である。正面にあるクリーチャーを攻撃する場合でも、指示文によって対象を決めた場合なら遠距離攻撃と見なされる。
  7. 攻撃は次の手順で成り立つ。
    • クリーチャーや呪文カードが攻撃の対象を決める。呪文カードの場合攻撃対象をプレイヤーが直接指定する場合もある。
    • クリーチャーの場合攻撃力数値、呪文の場合指示文に表記したダメージ数値によって攻撃のダメージ数値が決まる。
    • 前で計算されたダメージ数値で対象の防御数値を超える場合は超えた数値分を対象のHPから引く。
    • 対象の防御数値は1~ダメージの中でランダムの数字で引かれる。
    • 対象がクリーチャーの場合前段階の計算結果HPが0やそれ以下になればクリーチャーが死ぬ。
    • 攻撃を受ける場合発動される指示文があったら直ちにまず実行する。
    • 対象が多くの人である広域攻撃なら対象クリーチャーに対して5.7.1から5.7.6までを繰り返し実行する。
    • 攻撃が終わった後動作する指示文があったら発動される。(例**攻撃後位置を移動する)

6. カウンター

  1. カウンターは相手がカードを使う時使用を取り消しさせることを意味する。
  2. 呪文カウンター自体も呪文であるから呪文カウンター魔法に呪文カウンターを動作させることもできる。(例**プレイヤーAとプレイヤーBが二つとも呪文カウンターを墓地に置いた状態でプレイヤーAが呪文カードを使えば、該当の呪文に対するカウンターでプレイヤーBの呪文カウンターが発動されると思うが、そこに対してプレイヤーAの呪文カウンターが発動されてプレイヤーBの呪文カウンターは取り消しされる。結果的に最初にプレイヤーAの使った呪文が発動されて、プレイヤーAプレイヤーBの呪文カウンターは全て手札に帰るようになる。)
  3. カウンターを多くの枚入れて置くこともできるが、カウンターが連鎖的に発動するようになる場合には発動する呪文を順に積んだ後、積んだ手順の逆順に行う。

7. 強化と弱化

  1. 味方や敵軍のHP/攻撃力/防御数値を増加させることを強化、減少させることを弱化と呼ぶ。
  2. 相手のHP1減少のような指示文は攻撃によることでなく弱化に該当するので、攻撃ではない。
  3. 強化や弱化によってHPが減少する場合HPが1未満に下がらない。
  4. 回復はクリーチャーやヒーローのHPをあげてくれる。最大HPを超過しない範囲でHPを増加させる。
  5. 最大HPが増加すればHPも一緒に増加する。
  6. 最大HPが減少してもHPは減少しないし、最大HPがHPより低くなる場合最大HPで合わせる。

8. 墓地

  1. カードが墓地に行く場合は次のようである。
    • カードで召喚したクリーチャーが死んだ場合
    • 呪文カードを使って魔法を動作させた後
    • 手札にあるカードを墓地に捨てた場合
    • 指示文によってカードが墓地に移動した場合
  2. 墓地に行くのはクリーチャーではなく召喚カードである。したがってカードで召喚したクリーチャーではない、指示文によって召喚されたクリーチャーは死んでも墓地にカードが入らない。
  3. カードが墓地に行く度に墓地コストが1増加する。
  4. プレイヤーはアクションカウンターを1個使って墓地のすべてのカードを手札で持って来ることができる。これを墓地再生と言う。
  5. 墓地再生をすれば、墓地のすべてのカードが手札に移動して、墓地にあるカードの数字分だけヒーローがダメージを受ける。(0にはならないがヒーローが攻撃されることとして処理される)
  6. カードを使う時必要な費用は墓地コスト分だけ追加される。
  7. 墓地復活の回数には制限がない。
  8. 墓地にある時指示文が動作するカードを墓地発動カードと言う。カードの名前の前に墓地記号が表記している。